飛騨の神岡町にある「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」に行ってみました


「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」

新平湯温泉の旅館で朝方ロビーにてコーヒーを飲みながら飛騨周辺のパンフレットをながめていると飛騨市の神岡町に目が止まりました。

飛騨市神岡町と聞いて特になのもない所ではと思うところですが、しかしながら旧神岡鉄道の廃線跡地にレールマウンテンバイクで走る「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」があり面白そうでしたので神岡町までいって乗ってみました。

Gattan Go!!(ガッタンゴー)」の予約方法は電話での予約かサイトからネット予約ができます。今回はネットから予約しました。

開催期間は冬場を除く3月〜11月頃です。

「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」は奥飛騨温泉口駅から神岡鉱山前駅までの往復約6キロの道のりを走るコースの「まちなかコース」と渓谷沿いを行く「渓谷コース」の2種類コースがあります。今回初めてガッタンゴーに乗るので、初心者向けの奥飛騨温泉口駅から神岡鉱山前駅までの往復約6キロの道のりを走るコースの「まちなかコース」へ乗ってみました。

飛騨市神岡町までは宿泊した奥飛騨温泉郷の新平湯温泉から神岡町まで車で約50分の所にあり奥飛騨温泉郷から近く、飛騨市神岡町に到着してからは奥飛騨温泉口駅の駐車場で車を止め駅舎跡にある「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」の受付を受けました。

「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」の受付後、出発まで時間があったので駅舎の掲示板にてランチがとれるお店が約8店舗の情報があり、その一つの「茶屋 MARU」にてランチをし奥飛騨温泉口駅に戻ってきました。

出発の時間まで駅舎跡で待っていると前の時間帯に出発したグループが続々と戻ってきました。

出発の15分前に集合し説明を受けヘルメットをかぶり出発です。行きは折り返しまで下り坂でトンネルを抜けながら進みややスピードも出てスリリングですが、帰りはややもぼり坂で自転車は二人乗りの電動付自転車ですが体力を使います。

折り返し地点の神岡鉱山前駅

出発前から天気の雲いきが怪しかったのですが折り返し地点の神岡鉱山前駅からの奥飛騨温泉口駅の途中で雨が降ってきました。カッパは着ていなかったですが少し濡れただけでギリギリセーフでした。次のグループの人たちは雨が土砂降りの中カッパを着ながら出発していたので今回の天気運がよやったですね。

今回「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」へ行ってみて面白かったので、次回も奥飛騨温泉郷へ訪れたならまた「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」の自転車に乗ろうと思います。今回は「まちなかコース」でしたので次回は「渓谷コース」ですね。

コメント

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。